上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「いたって真剣」 東国原知事が衆院選出馬と「総裁」に意欲
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090624/stt0906241358009-n1.htm

一昨日のニュースですが、自民党内では批判的な意見が多いようです。東国原知事が宮崎県知事になってもう何年がたったでしょうか。2007年の1月に当選して見事、宮崎県知事になられました。

その頃の僕は、こんな芸人風情が当選するわけがないと思いながらニュースを見ていたのですが、見事に当選されました。知事には失礼ですが、初めはその程度でした。

しかし、自民党での出馬条件が総裁候補というのが凄いですね。東国原知事もかなり強気に出たのではないかと思われます。この条件が自民党の議員らが怒っている原因でもあるようで、「頭を冷やしたほうがいい」といった一部の自民党議員に対して「下野して頭を冷やしたほうがいい」という反論は滑稽ですね。まさにその通りなのです。

次の選挙がこのままの状態で行われれば、確実に自民党は野党になります。細川内閣の様に泡のように消えていく内閣が出来るか否かは別にして自民党や保守層には非常に困る事態となります。

僕は一時期ですが、福岡にて人権擁護法案等の反対の運動をネットで知り合った人たちと西鉄福岡駅前でやっていました。今年は就職など色々と多忙のためにお休みしています。進路が決まり次第また始めようとは思っています。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。