上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公園に厚生や近隣がたくさん生えているのを見つけました。もうそんな季節なんですね。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
人生フル勃起さん
ご理解とご協力を強制されたい乗客に戦慄の國鐵・廣島 2009年版



30Nなら大丈夫だろうと思っていたら下関方クハは同じような色の糞タイプだった
幡生のホーム横の工場でブルートレインが大量に解体されていた
改札機がガガガガッと言ったので切符を見てみると自動改札機ではなく自動入鋏機だった
デカ目のクハが幡生に入場し、出場したらチクビームになっていた
そして原型デカ目消滅、というか今度は尾灯のクリアレンズ化やベンチレータ撤去が進行。
前面幕が活用されず、103も「117も」全車白幕にされた
在来線から新幹線までの10mの間にマツダの新車が展示されていた。
気動車の送り込みも客扱いすれば効率的だろうと思ったら、ステップの段差で乗客が転倒した
利用客の1/3が隙間風経験者。しかも転換クロスの下に空間があるという構造から「30Nほど危ない」
「下関~岡山の長距離運用がボロな訳がない」といって出て行った旅行者が5分後G編成に揺られていた
「115-550の豪華内装は快適だろう」とwktkして出て行った鉄が少ない座席にありつけず立っていた
最近流行っている補修は「ガムテープ塗装」 低予算で車体を補修でき美しいから
新山口駅から発着する列車はホームで撮影できる確率が150%。一度引き上げてきてまた入線する確率が50%の意味
広島駅におけるJR車両の発着は1日平均4回、うち4回が芸備線のキハ120。
2009/05/25(Mon) 11:11 | URL | WindowsNT | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。