上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私のブログと相互リンクしているなめ猫ブログから転載です。福岡で朝鮮学校補助金返還訴訟や人権侵害救済法案反対のデモがあるようです。

7月12日、朝鮮学校補助金返還訴訟の第一回公判です
http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-entry-2002.html

平成23年も半分が過ぎましたが、5月末に私を含む原告20名で福岡地方裁判所に提訴した朝鮮学校補助金返還訴訟の第一回公判が7月12日に行われます。

福岡県側はどう裁判に臨んでくるのでしょう。私も原告として参加します。

平日ではございますが、皆様、第一回公判の傍聴を何卒お願い申し上げます。
福岡地裁の中で、一番広い部屋です。
なお、第一回公判は、1時間程度だと思います。 

【街頭活動と訴訟第一回公判】

●7月9日(土) 救う会福岡「月例街頭活動」  福岡市中央区天神 ソラリアステージ前 14時~16時

●7月12日(火) 「朝鮮学校補助金差し止め返還訴訟・第一回公判」 福岡地裁 13時~

【お知らせ】

7月17日、福岡市で人権侵害救済法案反対の屋外集会・デモ行進が開催されます。
私も協力しております。
 皆様、万障繰り合わせの上ご参加ください。

民主党政権は、一昨年の政権交代以降、外国人地方参政権付与法案、夫婦別姓(親子別姓)法案提出など日本の文化共同体を崩壊させようと目論んできました。その極みたる言論弾圧を企図するものが「人権侵害救済法案」です。この法案の名前につけられた「人権救済」とは名ばかりです。特定勢力の利権擁護、及び、それに反対する市民運動への弾圧を惹起する法案です。あたかも、北朝鮮や中華人民共和国のような言論統制国家への体制転換を企む法案であり、「民主主義」の崩壊が懸念されます。自民党政権下でもこのような法案は俎上にあがり、その法案の本質が国民の前に明らかになるにつれ、廃案にされた経緯があります。私たちの「言論の自由」を奪い、「民主主義」をも破壊させる危険な法案は、断固阻止しなければなりません。いまこそ私たち国民一人ひとりが声をあげなければなりません。

言論弾圧法案「人権侵害救済法案」に断固反対!!
  集会および国民大行進in九州

主  催  人権侵害救済法に反対する市民協議会

日  時  平成23年7月17日(日)
       集    会  14時00分から
       国民大行進 15時30分から

場  所  福岡市中央区天神(警固公園)

そ の 他  ・国旗以外の持込はご遠慮ください。 
      ・本国民大行進の趣旨に外れるようなプラカードの持参はご遠慮ください。
      ・シュプレヒコールの文言につきましては、主催者で準備します。
      ・準備等お手伝いいただける方は、下記連絡先又は九州防人の会までご連絡ください。

連 絡 先  大島一政
      携帯 :080-5243-6495(平日は18時以降)  
      e-mail : kazumasa0229@gmail.com

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。