上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月8日(金)に「差別ネットワーク」と「男性差別を許さない市民の会」はJR新宿駅南口にて女性専用車両に反対する街頭活動を行いました。東日本大震災で余震が続く中、久々の街宣ですがこの震災で電車の本数が減っているのにも関らずJR埼京線では女性専用車両が走っている。こんなことが許されていいのでしょうか?

resize0885.jpg

resize0886.jpg

18時過ぎに街頭活動を切り上げて、京王線新宿から京王八王子行きの準特急に乗りました。勿論、乗った車両位置は最後部の女性専用車両。今まで、西鉄や東急などで任意確認して来ましたが、京王の女性専用車両の看板は派手だし酷い。初め見たときは絶句ものでした。

車内で京王八王子行き準特急の発車を待っていると、1人の女性が私たちに声掛けしてきました。その後、ホームにいた主任が私たちに突っ掛かってくる。

~主任の問題発言~

主任「揉めるようですとちょっと出て頂かないといけないです。」

主任「他のお客様へ、ご協力いただけないお客様なので申し訳ございませんがよろしくお願いします。駅係員から一言お願いします。ご協力いただけない方々ですので、すみませんご迷惑をお掛けしますお願いします。」




おいおい、これがお客様への接客に使う言葉?これでもこの人、主任ですからね。つまり、係員を束ねる監督者ですよ。女性専用車両云々の前に接客業として失格。これで主任(監督者)になれる新宿駅管区が羨ましい。

そして、明大前では研修中?の駅員と駅長か副駅長の制帽を被った2人がホームの離れた位置で私たちを見ていました。その後、明大前から井の頭線に乗って渋谷へ戻り、東急東横線菊名まで任意確認乗車。

私のところには声掛けなど無かったのですが、「差別ネットワーク」代表の兼松氏のところには執拗な声掛け。あまりにもしつこかったので撮影しました。

resize0883.jpg

東急東横線での任意確認乗車も終わり、最後はJR埼京線の女性専用車両に乗りました。

この埼京線でトラブルが発生。新宿駅で助役2名と警備員1名が向かいの座席に座っていたN.K.さんたちにしつこく声掛けしていたので一喝したところ、周りの勘違いした女性客まで野次を飛ばし池袋で大騒ぎになりました。おまけに、車内で朝鮮人の女が騒ぎ始め、マスターさんや私のことを男性でないと侮辱しマスターさんの腕を叩きました。私には、スーツにつけているバッチを外せとまで言ってきた。何を理由に?完全に支離滅裂。

resize0880.jpg
この写真は、新宿駅到着後車内ででN.K.さんたちに移動を求めた助役と警備員。任意のご協力、お願いをしにくのに警備員?この写真をみてわかるとおり不自然ですね。



池袋駅で私人逮捕したので、警察に身柄を引き渡さないといけないのですが肝心の警察が30分経っても来ない。私人逮捕した女は「ごめんなさい。」を連呼するばかり。マスターさんはかの女が謝罪し、警察が来ないので話し合いで済ませかの女は事なきを終えた。

いくら金曜日といえども、通報を受けて30分かかっても池袋駅に来ない警察。下衆の勘繰りではありませんが、JRと警察が裏で連絡を取り合っていると感じました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。