上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月24日にJR渋谷駅前にて女性専用車両や女性優遇に反対した街頭活動を、「差別ネットワーク」と「男性差別を許さない市民の会」で行いました。

resize0457.jpg

私は諸事情で街頭活動の参加は最後となってしまいましたが、その分同志たちがマイクを握り女性専用車両の不当性を訴えていました。街はクリスマスモードで小奇麗なイルミネーションが多く見受けられました。

その後、渋谷駅近くのドトールで休息を取り東急東横線で任意確認乗車を敢行しました。相変わらずの東急東横線の女性専用車両は何ともいえない雰囲気ですね。これについては差別ネットワークでも綴られています。

イブに街宣&乗車会
http://blogs.yahoo.co.jp/sabetsu5555/27641340.html

(上記のリンクから一部抜粋)

 しかし、イブだというのに、「女性専用車」で一人寂しく帰る女性の多いこと。それはそうだろう、「男と一緒に乗りたくない」などと言っている女性に(イブを一緒に過ごす)彼氏がいるわけがない。あるいは、「(イケメンはいいが)オヤジと一緒に乗りたくない」などと言っている女性をまともな男性が相手にするわけがない。せいぜい、そそくさとワンルーム・マンションに帰り、コタツでクリスマス・ケーキをやけ食いするのが関の山だろう。


東急東横線での任意確認乗車を終えて大倉山で食事をして、その後は埼京線の任意確認乗車も行いました。

resize0455.jpg

左の車両と右の車両の人数に偏りがありますね。これが女性専用車両の実態です。痴漢対策なんていうのは真っ赤な嘘。監視カメラを導入した方がまだ効果的です。

resize0456.jpg

警備員もお疲れさんですね。男性排除をしているという気持ちがあるのでしょうか。女性専用車両から男性を追い出そうとしていたので、任意であることを知っているか尋ねても無視するし。名札はつけていないし、今後は埼京線も重点的にやらないといけませんね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
特別中吊り広告
 東横線やJR東日本の場合、「特別中吊り広告」で金儲けをする目的でも、男性排除車を実施しています。京浜東北線では、男性排除車を導入してからしばらくの間、「特別中吊り広告」設定対象外でしたが、最近は実施しています。(「特別中吊り広告」を実施していない時期もあります。)防犯カメラでは、「特別中吊り広告」はできません。
 大阪市営地下鉄御堂筋線の場合は、車体に「特別広告」をやっていますのですぐわかりますが、中吊り広告の場合は、該当車両に乗車しないと気が付くことはありません。JR東日本や東横線も、以前は車体での「特別広告」でしたが、男性客を中心として不評?であった為、目立たない所に場所を変更したと推測します。
 「特別中吊り広告」をやっている場合で警備員・駅員・女性客が文句いった来たら、「特別中吊り広告」で反撃するのも良いと思います。
 東横線・埼京線での任意確認乗車お疲れ様でした。
2010/12/26(Sun) 10:07 | URL | 反排除専用 | 【編集
反排除専用さん
コメントありがとうございます。特別中吊り広告というのは首都圏に越してきてから知りました。いや、僕が知らないだけで西鉄でもやっていたのかも?福岡へ帰った際にこの件は調べておこうと思います。
しかし、特別広告の時点で女性専用車両を商売目的、つまり金儲けに使っていることがよくわかりますね。こういうふざけたもんが早く無くなってくれればと思います。来年は東急東横線の女性専用車両の形骸化、これを目指します。
2010/12/27(Mon) 05:34 | URL | WindowsNT | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。