上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夕は渋谷駅前にて女性専用車両に反対する街頭活動を行いました。私は少し遅れて到着したのですが、その間に渋谷駅前では何と当会の旗を取って投げ倒しそのまま逃走した女がいたようです。もう少し私が早く銀座線に乗っていれば直ぐに駆け付けたのですが残念です。

untitled.jpg
当会メンバーらに暴行を働いた精神障害者の女

街頭活動を終えて、横須賀から参加しているEさんも含めて東急東横線に任意確認乗車。その後は埼京線まで任意確認乗車をやりました。武蔵浦和までやりたかったのですが、京浜東北線西日暮里で人身事故のため赤羽で下車しました。

この女については「差別ネットワーク」でも詳しく取り上げられていますのでどうぞ。
12月17日 渋谷街宣&乗車会 (一部記事を抜粋)
http://blogs.yahoo.co.jp/sabetsu5555/27574108.html

このままでは、私が「痴漢」になりかねません。すぐ、N.K.さんを呼んだのですが、死角になっていることと、周りの騒音がうるさくて、(演説中の)N.K.さんが気づきません。しかし、いいのか悪いのか、周りの人は、見ているだけで何もしません(本当に、私が「痴漢」だったら、どうなるのか?)。すると、外国人らしき人が寄って来て、仲裁に入ろうとしました。まあ、普通は、「痴漢です!」という女性の味方になるはずですが、(状況を見て)どちらの味方をしていいのか、戸惑っている様子でした。

 そうこうしていると、N.K.さんがやってきました。同時に、誰が呼んだのか、(同じく死角になっている)交番から、警察官が2人(女性と男性)やってきました。普通なら、私が悪者になるシチュエーションです。ところが、ものの10秒で、どちらが悪いのかわかったのでしょう、警察官は、その女の身柄を拘束しました(まあ、女性の保護という意味にも受け取れるが)。

 しかし、その女は、自分から、馬脚を露わしてしまいました。拘束した(保護した)女性警官に向かって、「あんた女なのに、なんで、私の味方をしないの!」などとわめき散らし、男性の警官にも悪態をつく始末。極めつけは、警察官の見ている前で、N.K.さんを殴ろうとしました。これで、完全にアウトです。

 後は警察に任せ、私らは演説をしている場に戻って演説を再開しました。前述の外国人の人も(私の合図に)頷いていました。もう一人、その場をしっかり見ていた(日本)人(の方)もいたので、万が一、もめた場合は、証人になってくれたでしょう。

しばらくして、男性の警察官がやって来て、その女が精神障害で通院している、と教えてくれました。その警察官は、「(暴行の被害者として)渋谷署に行きますか?」と聞いてくれましたが、相手が精神障害なら、これまで警察に突き出した「男性排除犯」の女性乗客のように「反省させる」ということも難しい、わざわざ(渋谷)署に出向いても仕方がないので、「後は、(警察に)お任せします」と言って、演説に戻りました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
男性排除反対派の勢力がUP
 12日、新宿での街宣を聞いていました。非常に迫力があり、私に勇気を与えてくれました。
 今回の街宣は、男性排除賛成派の嫌がらせがあり、大変だったようですね。男性排除反対派勢力がUPしており、賛成派があせっている証拠ともいえるでしょう。
 街宣・任意確認乗車お疲れ様でした。
2010/12/18(Sat) 10:55 | URL | 反排除専用 | 【編集
反排除専用さん
いつもコメントありがとうございます。12日は新宿に来られていたんですね、是非お声をかけていただければその場で色々とお話出来ますね。賛成派もかなり焦っています、我々は粛々と続けるまでです。今後もよろしくお願いします。
2010/12/18(Sat) 12:31 | URL | WindowsNT | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。