上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、京王電鉄とJR東日本の女性専用車両に非協力乗車しました。京王線新宿駅にて数人で分かれて準特急京王八王子行きに乗車。駅員たちは私たちを見ても、呼び掛けなし。

新宿から私は着席して調布まで向かいました。車内でもこれといったトラブルは無し。明大前を出て調布に到着。調布にて最後部のホーム整理をしていた乗務主任に女性専用車両について抗議。主任は黙って話を聞いて、相手にしない。

私が、「お前は話を聞いて黙っとくのが仕事なのか?」と怒鳴ったところ、急に頷き始め応対し始めました。あれが人の話を聞く態度なのか?私は非常に疑問に思います。

その後、夕飯を済ませ3人で新宿から埼京線に乗車しました。



ここからがひどい!


埼京線にて池袋まで乗車後、事件は発生。何と、池袋にて車掌が「女性専用車両だから乗るな。」と公然と言ってきた。車掌は、女性専用車両に男性は乗れないと一点張りだったので助役を呼び、現場は一時騒然となりました。

後々わかったことなのですが、どうやら車掌は女性専用車両が任意であるということを知らなかった模様。埼京線ホームにいた警備員は、任意であることを知っていたので我々を制止することはありませんでした。

全然勉強が足りていない証拠ですね。女性専用車両はあくまでも男性に協力を求めるだけであり、強制は出来ない。これは紛れもない事実なのであります。

その後、出てきた助役に猛抗議しました。しかし、任意であることを認めたのにも関わらず、助役は女性専用車両に乗ろうとすると制止してきます。池袋は女性専用車両が任意であることが全く周知徹底されていない。

ちなみに、埼京線は本日最終電車まで15分前後の遅れが発生しました。遅れの原因は、女性専用車両に乗せないために、車掌が扉を閉めなかったためです。

埼京線の女性専用車両については今後、またやらねばならないと考えています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
諸悪の根源
 京王線と埼京線は、通勤電車で男性排除をやった1番目と2番目で諸悪の根源であり、強制排除でもネットで有名であります。ネットでの情報によれば、京王線の新宿駅と埼京線の池袋駅は、かなりの「難関」であるようです。
 最近、京王線は某団体による集団非協力乗車のターゲットになっており、きつい抗議もあったようであります。従って、今回は、おとなしくしていたものと思います。
 埼京線も、某団体関係の方が非協乗車して、池袋駅でもきつい抗議を行ってようでありますが、まだこりていないようですね。
 京王の方が埼京線より「夜の部」の実施時間が長く、強力な反対派による攻撃を受けやすいともいえるでしょう。
 非協力乗車お疲れさまでした。
2010/05/22(Sat) 08:16 | URL | 反排除専用 | 【編集
反排除専用さん
京王線と埼京線での非協力乗車ですが、かなり駅員らも強硬に出てきますね。今後も非協力乗車や街頭活動を続けていこうと思います。
2010/05/23(Sun) 14:28 | URL | WindowsNT | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。