上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去年の暮れ頃に、黒崎と筑豊直方を結ぶ筑豊電鉄に乗ってきました。筑豊電鉄というと何故か山陽電鉄が脳裏に浮かびます。同じ電鉄つながりなら、南海も当てはまりますね。

筑豊電鉄は、最大で3両編成の電車があります。形式や車種まではよくわかりません。調べたところによると、西鉄のお古も動いているみたいです。

NSGCn.jpg

ve2RG.jpg

cEUwq.jpg

fifZE.jpg

黒崎から永犬丸まで乗車しました。初乗り運賃が180円ですので、周辺を走るJR九州や親会社の西鉄電車よりも高い運賃設定です。

驚いたことなのですが、筑豊電鉄はワンマンではないんですね。絶対に車掌が乗務しています。若い車掌さんもいましたし、駅にも乗務員募集中の広告がありました。車掌さんの言い方も、西鉄とは違い「次は~でございます。」という近鉄風な喋り方。

運転士や車掌さんの制服も、西鉄電車の制服と然程変わりませんでした。車掌さんは肩に両替用の鞄をかけていました。ちょっと古風な感じですが、途中には高架区間もあり中々景色も良かったです。

W3dFK.jpg

北九州のとある西鉄の営業所で発見しました。
西鉄さん、バスもいいですけど社名は西日本鉄道なんですから、鉄道にももう少し力を入れて下さいよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 筑豊電鉄は、私が小・中学生の頃は西鉄路面電車と相互乗り入れしていたので、あまり「筑豊電鉄」と言うイメージは無く「西鉄路面電車」のイメージだったな。
 路面電車といえば、レールに5寸釘を置いておくと、電車が通過後手裏剣が出来上がる。←やってはいけません!
2010/01/06(Wed) 16:38 | URL | tono | 【編集
tonoさん
コメント有り難うございます。今年も宜しくお願いします。
西鉄路面電車というと、北九州市内線のことでしょうか。
私も、小学生の頃に某カードゲームのカードをJRの線路に置いてどうなるのか実験したことがあります。
見事にボロボロになりましたw
2010/01/08(Fri) 14:59 | URL | WindowsNT | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。