上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【事業仕分け】さながら“公開裁判” 危うき事業見直し
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091111/plc0911112029015-n1.htm

【事業仕分け】「私の話も聞いて!」 飛び交う怒声、矢継ぎ早の質問に官僚も反撃
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091111/stt0911112057026-n1.htm

事業仕分けで閣僚らからさっそく異論
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091110/stt0911102000018-n1.htm

民主党がまた新たな財源探しを始めましたね。事業仕分けの報道をテレビで見たのですが、極東軍事裁判を思い出しました。そうです、あの悪名高き東京裁判です。

「地方で出来ることは地方に任せよう」、「何も国が負担してまで行うことなのか」というような意見が多いようですが、何でもかんでも地方にやらせようという考えには賛成出来ません。これに似たことですが、民間に出来ることは全て民営化させようということで郵政は民営化されました。しかし、どうでしょうか。今度は元大蔵省事務次官が社長に就任し、民営化は見直されることになりました。

官から民へという掛け声の中で成功したことといえば、私の記憶にあるだけでも電電公社や国鉄ぐらいだと思います。NTT・JRともに日本でも有数な企業となっています。

話が脱線しましたが、民主党の仕分け人の皆さん大変そうですね。しかし、閣僚の中からも外部からも異論が出ているようです。本当に纏まりの無い内閣だと思います。IT関連やスパコンなどの事業の予算も廃止対象の様ですから非常に残念です。

コンピュータの世界は日進月歩というよりも秒進分歩の世界です。国家が予算を出して、IT事業を邁進させることは当然のことであり、経済大国の使命ではないでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
国鉄民営化は成功?
初めまして、神谷隆仁と申します。
昔の記事にしゃしゃり出て大変申し訳ありません。

大筋では、Windows NT様の主張に同意致しますが、一つだけ。
国鉄民営化については私の研究テーマとして調べたことがあるのですが、総理大臣が民営化実施の意義を問われて「国労を潰せば、総評も倒れる」、などと発言し、また、勤務態度がどれだけまじめであっても国労所属と言うだけでJRに採用されないなど、様々な爪痕を残してしまい、残念ながら成功とは言えないと考えます。

いきなりで、かつ長文で大変申し訳ありませんが、以上宜しくお願い致します。
2009/11/22(Sun) 23:59 | URL | 神谷隆仁@自宅 | 【編集
神谷隆仁@自宅さん

コメント有り難うございます。
国鉄民営化の件ですが、確か中曽根元総理の発言だったと思います。神谷さんの仰るとおり、真面目な方でも国労に所属していた場合再雇用されなかった人もおられたかもしれません。

しかし、国労は当時スト権なども無かったにも関わらず、ストライキを行いました。他には規則を逆手に取って電車を遅延させたりしました。

仮に、そのような方々をJRが継続して雇用した場合動労千葉の様な組合が全国に出来たのではないかと思います。

2009/11/23(Mon) 09:52 | URL | WindowsNT | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。