上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PCNETに行った帰りに博多駅を通ったわけですが、何やら街頭演説が行われていたので行ってみました。初めは、自治労か共産党か何かと思ったのですが何と幸福実現党でした。

群衆の中に次の衆院選に立候補されると見られる人物が演説をしていました。周囲には、幸福実現党の幹部らがズラズラと・・・更に、いつもなら西鉄バスがこれでもかと走っている大通りには幸福実現党の街宣車が4台ほど回っていました。

やけに人が多いと思い、近くの人に聞いてみると大川きょう子党首が来られているようでした。宗教が関わる政党に碌なものがないのでそのまま信号を待っていたのですが、小学生とも思える子供たちが何かビラを配っていました。何かと思い見てみると、幸福実現党のビラでした。博多駅周辺の交差点には信者か党員か何かわかりませんが支持者らがビラを配っていました。

正直、ここまでくると何か気持ち悪い気がします。これが宗教政党なのかと。何故、桓武天皇が政教分離策を取ったのか。そういうことが何もわかっていない。ただ、主張が右よりなら保守層が投票してくれると思っている。そんなに世の中甘くはない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
>何故、桓武天皇が政教分離策を取ったのか。そういうことが何もわかっていない。

勉強不足でぞんじませんでした。
できたら、ご教授願いたいです。
2009/07/19(Sun) 19:42 | URL | きざし昇 | 【編集
No title
きざし昇さん
コメントありがとうございます。
幸福実現党は大統領制と一院制を主張しています。我が国の国体を変えようとしています。これは、道鏡も同じです。ですから、桓武天皇の政教分離策を例に上げました。
国師といわれる、大川氏がとても尊皇とは思えません。少し出過ぎた書き方だったかもしれませんが、幸福実現党は明らかに日本の体制を変えようとしています。
2009/07/20(Mon) 16:34 | URL | WindowsNT | 【編集
No title
ブログオーナー様
コメントありがとうございました。

私は意見を持っている人が好きです。あまりにもブログで、気分や感想を意見のように言う人が多くて、意見交換ができなくて凹んでいました。

別に突っ込みでコメントを入れたわけではなく、『桓武天皇が政教分離策を取った』という知識がなかったから、素朴に質問させていただきました。
日本史の解釈は年々変わっていますが、原理原則から考えて、皇室は祭政一致であるから、政教分離という近代の概念が不思議に映りました。

皇室の尊厳の源をどこに求めるかによって、現在の皇室のあり方の視点が変わってきます。

私は、皇室の尊さの根源を、日本神道の神々の神意を地上の世界に託された御存在として、生まれながらに託された人にあると考えています。 ですから皇室にとって重要なのは神事であり、政(まつりごと)は一番重要な神事です。

国体という言葉を保守の人は使いますが、皇室に対する尊崇が国体の現れであるなら、その尊崇に日本神道の神々の『神意』という観点があるのかが、疑問に感じます。
日本の神々の存在を本当に信じているのでしょうか?

日本の神々が、日本国民に望むことはどんなことでしょう。

たとえば、日本神道の最高の神官である天皇が、外来宗教の仏教に帰依し他理由に『神意』があったのでしょうか?
もしあったとしたら、何を望まれて仏教を大和の国に導入したのでしょう。大統領制を導入するよりも大変な出来事です。

明治維新のとき、天皇が率先して服装から食事まで洋風にしました。純日本である皇室が洋風を取り入れることは、伝統にとっての挑戦です。これに対して意見を言った人が居たことでしょう。

しかし今では、このことに対しての意見を聞きません。

保守の人たちの言い分も、左翼の人に比べれば理解できます。
ただ、今保守の人たちで論陣を張っている人たちに、どれだけ日本神道の神々の存在が、その発想にあるのかが私の疑問です。

神々の存在を考えないで天皇・皇室を論じることは、都合よく天皇・皇室の存在を利用しているものと思え、そこに『礼』と『義』と『信』はあるのでしょうか?
極端な見方かもしれませんが、天皇・皇室を語る精神態度として、無私・無我でなければ『礼』を欠いています。
『義』がなければ、単なる保身です。

これが私の疑問であり、意見です。

幼稚な見方に思えましたら、失礼しました。
2009/07/20(Mon) 21:54 | URL | きざし昇 | 【編集
No title
きざし昇さん
国体という言葉を保守側の人間が一番使っているかどうかはわかりませんが、左の方々が国体という言葉を使うことはあまりありませんね。

ただ、大統領制というのはこの日本には合わないと僕自身思っています。何故、大統領制なのか?僕は自分なりに桓武天皇を例として上げたわけですが、宗教政党自体があまり良いとは思えないのです。公明党と創価学会もそうです。創価学会と公明党を批判する人々が幸福実現党と幸福の科学の主張は立派だと支持する人をネットで見かけましたが矛盾していると思いました。

ただ、きざしさんの仰るとおり神々のことを考えずに天皇・皇室を論じるという意見には僕も同感です。まだまだ、出来たばかりの当ブログですが今後もどうぞ宜しくお願いします。
2009/07/21(Tue) 09:44 | URL | WindowsNT | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。