上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
担任教諭が6年児童に「一回死ぬか」 山口・周南
http://sankei.jp.msn.com/life/education/090718/edc0907181222002-n1.htm

学校教育法
http://www.houko.com/00/01/S22/026.HTM#s1

記事を読みましたが、これは体罰ですね。仮に体罰でないとしても、行き過ぎた懲戒だと思えます。
今日、日本では教師が児童などの生徒へ手を上げることを禁止しています。これは、学校教育法第11条で禁止されている行為です。個人で体罰についての見解が分かれると思いますが、日本国の法律として定められている限りは遵守しなくてはいけないと思います。

体罰の禁止は、明治12年に制定された教育令で禁止されています。その後も、懲戒権は認められましたが、昭和16年の国民学校令でも懲戒は認められましたが体罰は禁止されていました。

ただ、この問題行動を起こした生徒にも問題がありますね。常識で考えて、ほおを叩きますか?大人が怖くないのでしょう。電車の中でも騒ぐ子供を注意できない無関心な大人。調子こいて図に乗る子供、どっちもどっちですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。