上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
支那 

僕と同世代の高校生はもう何の意味かわからないでしょう。支那というのは中国のことをいいます。僕自身も友人らの前で中国のことを支那と言っています。中国大陸だって支那大陸でも別におかしいとは思えません。

しかし、この支那という言葉は一部の方々の前で使うと差別用語になるようです。Google先生を使って支那という言葉を検索してみました。面白いことに、始皇帝で有名な秦がこの支那という言葉の語源でした。

わが国は一時期、倭という名称で呼ばれていました。この倭という言葉、ちびという意味なのですね。支那という言葉は差別用語だと言い張るのに倭という言葉は教科書に堂々と載っているとは滑稽です。中国の正式名称は中華人民共和国です。

中華という時点で自らが中心ですね。中華思想が垣間見えます。わが国も大日本帝国といっていた時代がありました。そういえば、「私の国は中国に近いから二等国で日本は半島の先だから三等国」といっていた人を思い出しました。

皆さんは、この支那という名称如何思われますか?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。